北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「月の落とし子」穂波了著

公開日: 更新日:

「宇宙船墜落タワマン炎上バイオハザードミステリ」と、担当編集者がツイッターに書いていた。うまいことを言うものだ。本当にその通りなのである。

 冒頭の宇宙空間のくだりが素晴らしい。スリルとサスペンスに富み、なおかつ新鮮なのである。この100ページを読むと、もう本を閉じることはできない。あとは一気読みだ。すぐに明らかになることだから、ここにも書いてしまうが、月面に降り立った宇宙飛行士が吐血して急死するのだ。正体不明のウイルスに感染したらしい。問題は他の乗組員も感染して死ぬことだ。たった一人、生き残ったのは、宇宙船を操縦する工藤晃。その状態で地球に帰還すれば、正体不明の未知のウイルスが地球にばらまかれることになる。はたして地球側はそれを許すのか。地球側の結論が出る前に、工藤晃は地球に帰還しないことを選択する。人殺しにはなりたくないと。

 ところが、おお、この先も書いてしまうが、人工衛星と衝突して操縦不能になり、地球めがけて墜落を始めるのだ。できることは墜落地点を変えることだけ。できれば海上にしたい。工藤晃は必死に操縦かんを握りしめる――ここまでで100ページ。まだ250ページ残っている。波瀾万丈の物語をたっぷりと堪能されたい。作者の穂波了は別名義で13年前に第1回ポプラ社小説大賞を受賞しているが、この第2作はそれをはるかにしのぐ傑作だ。

 今年度のクリスティー賞の受賞作である。

(早川書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る