「あるいは修羅の十億年」古川日出男著

公開日: 更新日:

 ステイルームに滞在する18歳のウラン(宇卵)をメキシコ人の美術家ガブリエルが訪ねてきた。海外の現代美術家と美術館による共同プロジェクトに、ウランが応募したシナリオが採用されたのだ。

 プロジェクトのテーマは土地の「神話」で、ウランは東京の地下に眠る巨鯨について記した。ウランとガブリエルは東京を歩きながら、その神話を膨らませていく。その間、ウランは自分の左胸に小型原子炉があることをガブリエルに打ち明ける機会をうかがう。

 一方、17歳のヤソウ(泰雄)は、震災で原子力発電所が「爆ぜ」て、孤絶した「島」から上京。カウボーイを名乗る養父からの指示で、東京シティ競馬の騎手となる。

 東日本大震災から15年後の2026年の東京を舞台にした近未来小説。

 (集英社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード