北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「キッドの運命」中島京子著

公開日: 更新日:

 近未来小説である。原発が2度事故を起こし、特に首都の近くで起きたために、首都が福岡に代わった時代が舞台。とはいっても、その背景には深く立ち入らない。そういう時代に人々はどうやって生きているのか、という姿を連作で描くのがメインだ。

 たとえば、「種の名前」という短編を読まれたい。田舎に住む祖母の家で夏休みを過ごすことになった14歳の少女ミラを描く作品だが、老女たちが自分で作った野菜を持ち寄って、わいわいがやがやと食事をする「会合」の光景が残り続ける。彼女たちは、野菜の種から栽培までをすべて独占する大企業に隠れて、ひそかに栽培しているのだ。バレると莫大な損害賠償を請求されるから、秘密ね、と祖母は言うのだが、友達にも? とミラが尋ねると「親友ならいいんじゃない? こっそりなら」と言うから素晴らしい。自由に生きている「秘密結社」なのだ。

「ふたたび自然に戻るとき」もいい。こちらは廃虚と化したマンションに住む老人の「ジーサン」と、ハシブトカラスの「カカ」の交流を描く短編だが、トリはヒトの言葉を話すというのが前提になっているので、ジーサンはある日、カカに頼み事をする。その内容はここに書かないでおくが、これも友情のひとつのかたち、あるいは究極のかたちといっていい。こういう余韻たっぷりの、そして緊密な短編が本書に6編収められている。静かに味わっていただきたい。

(集英社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る