北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「55」ジェイムズ・デラーギー著 田畑あや子訳

公開日: 更新日:

 54人を殺したシリアルキラーから逃げてきた、と男が駆け込んでくる。おまえは55人目だ、と脅されたというのだ。オーストラリア西部の小さな警察署を預かる巡査部長チャンドラーは緊張して応対するが、事が複雑になるのは、その逃げてきた男ゲイブリエルが語るシリアルキラーの人相にぴったりの男ヒースが現れると、自分こそ脅されたほうだと彼が証言するからである。

 ヒースによれば、ゲイブリエルがその殺人鬼で、自分は彼から逃げてきた、というのだ。はたしてどちらが殺人鬼なのか――と、この不思議な話が始まっていくが、ポイントは2つ。まずは、チャンドラーの若き日の友で、その後は絶縁しているミッチが上司としてやってくると、威張り散らすことだ。出世ごりごり男になったミッチとの対立は常套的に思えるが、この先がいい。このミッチの像が次第に微妙に変化していくのだ。

 もうひとつはラストだ。こればかりはネタばらしになってしまうので詳しく紹介できないが、ここでは「カタルシスの拒否」と書いておく。えっ、ここで終わるのかよ、と言いたくなる読者もいるかもしれないが、読み終えるとこれがじわじわと効いてくる。

 著者は北アイルランド出身でイギリス在住。本書がデビュー作だが、ぐいぐいと読ませる力強さがいい。まだ粗削りであることは否めないが、今後に期待したい。

(早川書房 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る