北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「55」ジェイムズ・デラーギー著 田畑あや子訳

公開日: 更新日:

 54人を殺したシリアルキラーから逃げてきた、と男が駆け込んでくる。おまえは55人目だ、と脅されたというのだ。オーストラリア西部の小さな警察署を預かる巡査部長チャンドラーは緊張して応対するが、事が複雑になるのは、その逃げてきた男ゲイブリエルが語るシリアルキラーの人相にぴったりの男ヒースが現れると、自分こそ脅されたほうだと彼が証言するからである。

 ヒースによれば、ゲイブリエルがその殺人鬼で、自分は彼から逃げてきた、というのだ。はたしてどちらが殺人鬼なのか――と、この不思議な話が始まっていくが、ポイントは2つ。まずは、チャンドラーの若き日の友で、その後は絶縁しているミッチが上司としてやってくると、威張り散らすことだ。出世ごりごり男になったミッチとの対立は常套的に思えるが、この先がいい。このミッチの像が次第に微妙に変化していくのだ。

 もうひとつはラストだ。こればかりはネタばらしになってしまうので詳しく紹介できないが、ここでは「カタルシスの拒否」と書いておく。えっ、ここで終わるのかよ、と言いたくなる読者もいるかもしれないが、読み終えるとこれがじわじわと効いてくる。

 著者は北アイルランド出身でイギリス在住。本書がデビュー作だが、ぐいぐいと読ませる力強さがいい。まだ粗削りであることは否めないが、今後に期待したい。

(早川書房 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る

人気キーワード