「日本の聖域(サンクチュアリ) シークレット」『選択』編集部編

公開日: 更新日:

 大手メディアが報じない社会の暗部に切り込むリポート集。

 外地で帰還の日を待つ約112万柱もの戦没者の遺骨。政府は2016年度から本格的な遺骨収集に乗り出した。既に遺骨の取り違えなどが発覚しているが、その他にもテニアン島では、同行した生存者の声を無視して子供の骨をDNA鑑定しないまま焼却し、フィリピンからは家畜と思われる骨を日本に搬送、納骨していたという。その背景にある厚労省の事なかれ主義や、血税を注ぎ込んで設立した実務団体が、単なる天下り先になっている事実を指摘する。

 他にも、ビル型墓地を巡る「永代供養ビジネスの闇」や、森友問題は氷山の一角でしかない財務省の国有財産管理の杜撰さなど、国民が知らされていない24の深層に迫る。

(新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る