「日本の聖域(サンクチュアリ) シークレット」『選択』編集部編

公開日: 更新日:

 大手メディアが報じない社会の暗部に切り込むリポート集。

 外地で帰還の日を待つ約112万柱もの戦没者の遺骨。政府は2016年度から本格的な遺骨収集に乗り出した。既に遺骨の取り違えなどが発覚しているが、その他にもテニアン島では、同行した生存者の声を無視して子供の骨をDNA鑑定しないまま焼却し、フィリピンからは家畜と思われる骨を日本に搬送、納骨していたという。その背景にある厚労省の事なかれ主義や、血税を注ぎ込んで設立した実務団体が、単なる天下り先になっている事実を指摘する。

 他にも、ビル型墓地を巡る「永代供養ビジネスの闇」や、森友問題は氷山の一角でしかない財務省の国有財産管理の杜撰さなど、国民が知らされていない24の深層に迫る。

(新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る

人気キーワード