「忖度と腐敗」田中稔著

公開日: 更新日:

 先日、在職歴代最長記録となった安倍首相。権力と予算が集中する1強政権下で、忖度と腐敗の政治は深刻化し、とても民主主義とは思えない様相だ。

 たとえば、2018年、首相官邸報道室長が要請した、東京新聞の望月衣塑子記者に対する質問制限。

 望月記者が「辺野古での埋め立て工事に、環境に悪影響を与える赤土を投入しているのでは」と質問したことについて、一方的に事実誤認と断定し、批判。これは市民の「知る権利」の侵害にあたる。

 他にもジャーナリストの安田純平氏に対する自己責任論の危うさ、森友・加計学園の闇、秋田市民を激怒させたイージス・アショア配備計画まで安倍政権下で起こった疑惑を一つ一つ丁寧に掘り起こし、腐敗ぶりを白日の下にさらす。

(第三書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る

人気キーワード