「忖度と腐敗」田中稔著

公開日: 更新日:

 先日、在職歴代最長記録となった安倍首相。権力と予算が集中する1強政権下で、忖度と腐敗の政治は深刻化し、とても民主主義とは思えない様相だ。

 たとえば、2018年、首相官邸報道室長が要請した、東京新聞の望月衣塑子記者に対する質問制限。

 望月記者が「辺野古での埋め立て工事に、環境に悪影響を与える赤土を投入しているのでは」と質問したことについて、一方的に事実誤認と断定し、批判。これは市民の「知る権利」の侵害にあたる。

 他にもジャーナリストの安田純平氏に対する自己責任論の危うさ、森友・加計学園の闇、秋田市民を激怒させたイージス・アショア配備計画まで安倍政権下で起こった疑惑を一つ一つ丁寧に掘り起こし、腐敗ぶりを白日の下にさらす。

(第三書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る