「官僚制と公文書」新藤宗幸著

公開日: 更新日:

 明治近代化以降、精緻に制度化された官僚制は経済社会の発展に寄与してきたが、それゆえに自己改革の機会を逸してきた。一方で近年、官僚制に依存した政治からの脱却が試みられ、官僚組織は組織が達成すべき明確な目標を失いつつあると著者は指摘する。

 官僚制の行動は、文書主義を原則とする。しかし、森友・加計疑惑が、公文書の改ざん、隠匿、関係機関間・当事者間での公文書の真贋(しんがん)争いなど、その原則が実は闇だらけであることを世間に知らしめ、行政への信頼は地に落ちた。

 本書は、官僚制における文書管理問題を解説。安倍長期政権による政権主導が官僚制の行動にいかなる変容をもたらしたかを論じ、公文書管理の視点から官僚制組織改革のあり方を考察する。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る

人気キーワード