「官僚制と公文書」新藤宗幸著

公開日: 更新日:

 明治近代化以降、精緻に制度化された官僚制は経済社会の発展に寄与してきたが、それゆえに自己改革の機会を逸してきた。一方で近年、官僚制に依存した政治からの脱却が試みられ、官僚組織は組織が達成すべき明確な目標を失いつつあると著者は指摘する。

 官僚制の行動は、文書主義を原則とする。しかし、森友・加計疑惑が、公文書の改ざん、隠匿、関係機関間・当事者間での公文書の真贋(しんがん)争いなど、その原則が実は闇だらけであることを世間に知らしめ、行政への信頼は地に落ちた。

 本書は、官僚制における文書管理問題を解説。安倍長期政権による政権主導が官僚制の行動にいかなる変容をもたらしたかを論じ、公文書管理の視点から官僚制組織改革のあり方を考察する。

 (筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る