「撃ち落とされたエイズの巨星」シーマ・ヤスミン著 鴨志田恵訳

公開日: 更新日:

 2014年7月17日。ウクライナ上空を飛行していたマレーシア航空17便が武装勢力に撃墜された。乗客乗員298人は全員死亡。その中にオランダの医師でHIV研究の第一人者ユップ・ランゲとそのパートナー、ジャクリンがいた。2人はオーストラリアで開かれるエイズ国際会議に向かう途中だった。

 ヨセフ・マリー・アルベルト・ランゲ(愛称ユップ)は、60年の生涯をエイズ撲滅に捧げた。1981年、26歳のとき、医師になって間もないユップが勤めるアムステルダムの病院に、一人の男性患者がやってきた。全身に同時多発しているひどい症状に医師たちは困惑した。同じ頃、医学雑誌はアメリカのゲイの間に奇妙な感染症が広がり、患者が次々と亡くなっていると報告していた。こうしてユップの闘いは、エイズの正体が定かでないときから始まった。

 ユップは志を同じくする仲間とともに研究と臨床に没頭する。やがてオランダを離れて世界保健機関(WHO)に転じたユップは、1992年、ウガンダに派遣され、貧しさが招くエイズ蔓延の凄まじい現実を目の当たりにした。感情豊かで短気なところがあるユップは、この病気の理不尽さ、ゲイや途上国への差別意識、各国政府の手際の悪さに激しく憤り、しばしば物議を醸した。しかし、大胆な発想と粘り強さで、貧しい人たちにエイズ治療薬や感染予防対策を届けようと奮闘した。ユップは次のような言葉を残している。

「アフリカのどんな辺ぴな地域にも冷えたコカ・コーラやビールを届けることができるなら、薬を届けることも不可能ではないはずだ」

 この伝記は、医者や研究者、政府や製薬会社とウイルスの闘いの様相を、醜い側面も含めて描いている。ウイルスは社会の弱い部分にはびこり、不寛容や差別を増幅することを伝えている。新型コロナウイルスと闘うユップは、どこにいるのだろう。

(羊土社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード