「地質学者ナウマン伝」矢島道子著

公開日: 更新日:

 明治8(1875)年、20歳のドイツ人青年エドムント・ナウマンは長い航海を終えて日本に着いた。彼を迎えたのは、雪をかぶった円錐形の美しい山、富士山だった。

 ナウマンの名は、ナウマンゾウ化石の名前の由来として知られているだけだが、実は日本に地質学をもたらし、その黎明期に大きな功績を残した優れた研究者だった。日本列島を南北に走る大きな裂け目、フォッサマグナを発見し、日本初の精密な地質地図を完成させた。それなのに、なぜかその功績はほとんど知られていない。それどころか、悪評がついて回る。ナウマンが不当な評価をされてきたのはなぜなのか。古生物学者・科学史家である著者は、埋もれていた資料を掘り起こし、その足跡を詳細にたどり、新しいナウマン像を構築した。

 日本の江戸末期に当たる1854年、ナウマンはドイツ東部のマイセンで生まれ、ミュンヘン大学で古生物学を学んだ。お雇い外国人研究者のひとりとして来日すると、東京大学地質学科で教壇に立ちながら、列島調査に乗り出した。それは探検にも等しい過酷なものだったに違いない。

 いったん帰国し、新婚の妻を連れて再来日。明治18(1885)年に離日するまで、超人的なまでの列島調査を続けた。その間、弟子との争い、研究者同士の反目など、人間関係のトラブルが絶えず、ついには妻の不倫相手を襲ったとして傷害事件で訴えられてしまう。不遇のままドイツに帰国した後は、日本の自然や日本人についての講演を重ねるが、その内容に関して、留学中の森鴎外と論争になった。

 誤解や風説にさらされた多難な人生だが、ナウマンは芸術を愛し、「竹取物語」を脚色したオペラを書いたり、日本古美術の収集家でもあったという。1927年、自宅で72年の生涯を閉じた。
それから90余年、日本の研究者によって、このナウマン復権の書が世に出た。ナウマンは天国でほほ笑んでいることだろう。

 (朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る