「スノーデン独白」エドワード・スノーデン著 山形浩生訳

公開日: 更新日:

 2009年、エドワード・スノーデンは東京にいた。横田基地内にあるNSA(アメリカ国家安全保障局)の太平洋技術センターで、システムアナリストとして働いていた。

 あるとき、中国の諜報活動に関する会議で、急きょ担当者の代理を務める羽目になった。その準備のためにNSAやCIAのネットワークから極秘情報を洗い出しているとき、スノーデンはある疑念を抱く。一党独裁国家の中国が公然とやっている市民監視を、民主主義国家であるはずのアメリカもこっそりやっているのではないか。調べていくうちに疑念は確信に変わった。証拠がいくつも見つかった。9・11以来、テロ対策を理由に導入された監視プログラムは、市民の自由を脅かす兵器と化していた。

 2013年6月、スノーデンは良心の命じるままに、内部告発に踏み切る。29歳になった自分への誕生日プレゼントとして。

 スノーデンは1983年、アメリカ合衆国ノースカロライナ州で生まれた。子供時代に黎明期のインターネットに夢中になり、インターネットとともに成長した。父は沿岸警備隊員で、母は連邦裁判所の職員。9・11後、愛国心から陸軍入隊を志願したが、訓練中のケガで挫折。持ち前のIT技術を生かし、CIAやNSAで公職に就いた。

 職務上、機密情報を知り得たスノーデンは、アメリカ政府が市民の同意もないままに世界的な大量監視システムを開発配備していたという事実に行き着く。大好きだったインターネットにも、祖国にも裏切られた思いのスノーデンは、葛藤を乗り越えて、国家を相手にたった一人の反乱を起こす。そのスリリングな過程と心の揺れが詳細に語られ、小説のようなドキュメンタリーに仕上がっている。スノーデンは今、亡命中のロシアで、デジタル時代の市民の自由保護について発信を続けている。彼の戦いは終わっていない。

 (河出書房新社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る

人気キーワード