「瓦礫から本を生む」土方正志著

公開日: 更新日:

 ライターとして各地の被災地を取材してきた著者は2000年、仙台を拠点に地域に根差した出版社を設立したが、11年後に自らも東日本大震災の被災者に。

 被災直後は廃業も頭をよぎるが、各地の書店や作家からの応援を受け、震災を語り続けるための仕事に取り組もうと決意。その苦闘の日々をつづった手記だ。

 被災直後、家族と社員、そしてアルバイトとともに避難先を求め山形へ。2週間後に見つかったアルバイト女性の父親の遺体に手を合わせながら、「本を出そう」と思ったという。

 自宅も事務所も失ったが、避難先から原稿を依頼、2カ月半後に「仙台学」最新刊の刊行にこぎ着ける。以後、5年間の記録と、出版人、そして一被災者としての日々の思いを明かす。

(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード