「瓦礫から本を生む」土方正志著

公開日: 更新日:

 ライターとして各地の被災地を取材してきた著者は2000年、仙台を拠点に地域に根差した出版社を設立したが、11年後に自らも東日本大震災の被災者に。

 被災直後は廃業も頭をよぎるが、各地の書店や作家からの応援を受け、震災を語り続けるための仕事に取り組もうと決意。その苦闘の日々をつづった手記だ。

 被災直後、家族と社員、そしてアルバイトとともに避難先を求め山形へ。2週間後に見つかったアルバイト女性の父親の遺体に手を合わせながら、「本を出そう」と思ったという。

 自宅も事務所も失ったが、避難先から原稿を依頼、2カ月半後に「仙台学」最新刊の刊行にこぎ着ける。以後、5年間の記録と、出版人、そして一被災者としての日々の思いを明かす。

(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る