「彼岸の図書館」青木真兵、海青子著

公開日: 更新日:

 奈良県東吉野村。周囲は一面の緑で山を縫うようにして細い道路が走り、その道路沿いを流れる川の向こう岸に「人文系私設図書館 ルチャ・リブロ」がある。「こんな山深いところに図書館?」と驚かされるが、本書はこの図書館を立ち上げた青木夫妻が、どうしてこの地に移住してきたのか、そして自宅を図書館という公共スペースとして開放するという実験を実現するに至ったのかが、この「実験」に関わった人たちとの対話を通して語られている。

 青木夫妻が結婚した2カ月後に東日本大震災が起こる。この震災をきっかけに周囲のいびつな状況があらわになり、2人ともに体調を崩していく。そこから抜け出すべく地方移住サイトを検索し、行き当たったのが東吉野村だった。

 真兵はその間、実験的ネットラジオ「オムライスラヂオ」を立ち上げ、ゼミの恩師である内田樹をはじめ、いろいろな人たちをゲストとして招き、彼らとの対話を通して、徐々に妻の海青子が勤めていた職場の図書館を自宅に造りたいと思うようになる。

 そして2016年4月、うっそうと茂る杉並木の中の家を見つけ、そこを出入り自由の図書館にする。橋を渡っていくから「彼岸の図書館」。歴史・文学・思想・サブカルチャーなど、人文系の書籍を中心にしたラインアップで、蔵書数は約2000冊。時あたかも「文学部不要論」が言挙げされた時期に、あえて「人文系私設図書館」と標榜するところに夫妻の気概がうかがえる。

 本書は、東日本大震災以後に直面した都市の脆弱性と制御不能の科学技術に対する深刻な危機から、地方への移住を思想化していこうとするネットワークの存在を教えてくれる。その意味でも、この彼岸の図書館が今後どのような活動をしていくのか見守っていきたい。

<狸>

(夕書房 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る

人気キーワード