「南三陸日記」三浦英之著

公開日: 更新日:

 東日本大震災直後、宮城県南三陸町に赴任した新聞記者によるコラム集。

 取材中、記者として必ず聞かなければならないのは自宅と家族のこと。その質問に「申し訳ありません。家も家族も無事なんです」と答えた渡辺宏美さん(35歳)は、取材の翌日、隣市に引っ越していった。断水が続く町では暮らしが成り立たず、何よりも周囲に「あんたはいいちゃね、家も車も無事で」と言われている気がして、胸が張り裂けそうになるからと。

 その他、婚姻届を出しに行ったまま帰らぬ夫との子を産んだ女性とその家族の物語、駐車場の縁石を机代わりに勉強する子供とボランティアの元教師の交流など、被災地で暮らし、被災者に寄り添いながら記された文章に心が揺さぶられる。

 (集英社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る