「南三陸日記」三浦英之著

公開日: 更新日:

 東日本大震災直後、宮城県南三陸町に赴任した新聞記者によるコラム集。

 取材中、記者として必ず聞かなければならないのは自宅と家族のこと。その質問に「申し訳ありません。家も家族も無事なんです」と答えた渡辺宏美さん(35歳)は、取材の翌日、隣市に引っ越していった。断水が続く町では暮らしが成り立たず、何よりも周囲に「あんたはいいちゃね、家も車も無事で」と言われている気がして、胸が張り裂けそうになるからと。

 その他、婚姻届を出しに行ったまま帰らぬ夫との子を産んだ女性とその家族の物語、駐車場の縁石を机代わりに勉強する子供とボランティアの元教師の交流など、被災地で暮らし、被災者に寄り添いながら記された文章に心が揺さぶられる。

 (集英社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る