「生きるための図書館」竹内悊著

公開日: 更新日:

 近年、図書館は本を貸し出すだけの存在から変わりつつあり、地域でさまざまな役割を担い始めている。本書は、そんな人と図書館の関係を見つめ、その未来を考える。

 まずは多摩地区のある市立図書館分館の一日を紹介。中央図書館と分館10館がある同市では、誰でも自宅から歩いて10分以内に図書館という環境を実現。市民1人当たりの年間貸出数は全国平均の2倍を超える。その図書館サービスの発展を支えたのは、子供の読書環境をより良いものにと考える民間の有志の活動と図書館員によって続けられてきた努力だった。

 その歴史を振り返る一方、東日本大震災の被災地で、図書館員がどのような取り組みをしたのかなども紹介、人と本をつなぐ仕事と図書館の役割を考える。

 (岩波書店 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る