「まむし三代記」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 馬借一揆で両親を亡くした11歳の源太は、「越中公方の手の者」だと称する男に集められた荒くれ者の中にいた。その男は「お主らに殺ってもらいたい男は、細川京兆だ」と告げた。細川京兆とは、応仁の乱の東軍主将、細川勝元の後を継いだ細川政元である。男から前金を受け取った者の中に、法蓮房(斎藤道三の父)という僧体の男がいた。源太が「どうして、こんな危険な仕事に応じたんだ」と尋ねると、法蓮房は「上医は国を医(いや)し、中医は人を医し、下医は病を医す」と言い、「国を医す上医を国手という」と教えた。細川政元暗殺が国手になることになぜつながるのか……。

〈国滅ぼし〉と呼ばれた兵器を集めて戦国を生きた斎藤一族三代を描く。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る

人気キーワード