「まむし三代記」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 馬借一揆で両親を亡くした11歳の源太は、「越中公方の手の者」だと称する男に集められた荒くれ者の中にいた。その男は「お主らに殺ってもらいたい男は、細川京兆だ」と告げた。細川京兆とは、応仁の乱の東軍主将、細川勝元の後を継いだ細川政元である。男から前金を受け取った者の中に、法蓮房(斎藤道三の父)という僧体の男がいた。源太が「どうして、こんな危険な仕事に応じたんだ」と尋ねると、法蓮房は「上医は国を医(いや)し、中医は人を医し、下医は病を医す」と言い、「国を医す上医を国手という」と教えた。細川政元暗殺が国手になることになぜつながるのか……。

〈国滅ぼし〉と呼ばれた兵器を集めて戦国を生きた斎藤一族三代を描く。

(朝日新聞出版 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る