「戦国十二刻」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 応仁の乱の頃、室町将軍足利義政のお抱え庭師、善阿弥は、西軍が虎視眈々と狙っていた相国寺の庭を必死で守ろうとしていた。相国寺は花の御所と東軍総大将の細川勝元の屋敷をつなぐ位置にある。その庭は義政と善阿弥が苦心して造ったものだった。義政は、相国寺を救えばもう一度、政に向き合うと約束した。善阿弥は一休宗純の元に赴き、西軍や東軍の大将を説得してほしいと頼む。

 相国寺の七重塔と庭園を惜しんだ一休は、予言記「聖徳太子未来記」の一節が応仁の乱を予言しているといわれていることを憂慮し、西軍の本陣に向かう。(「乱世の庭」)

 他に厳島の合戦など、歴史的な事件が起きる24時間前に目を向けた時代小説。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード