「地域活性マーケティング」岩永洋平著

公開日: 更新日:

 地方の存続のためには産業の発展が不可欠。本書では、「ふるさと納税」をはじめとする政府と自治体の政策や、地方の事業者の実践を検証し、望ましい地域発展、地域支援のあり方をマーケティングの視点から考察する。

 地方の大きな期待を寄せられ始まった「ふるさと納税」だが、本当に地方のためになる制度なのか疑問も寄せられている。独自に実施した意識調査では利用者の6割が返礼品や節税などの利得目的で、生育地やふるさと・地方のことを考えていない人たちだった。

 制度をさまざな視点から検証して浮かび上がる瑕疵(かし)を指摘。一方で地域産品のブランド化に成功して地域社会に貢献している企業の成功の秘密を分析するなど、地域を活性化する仕組みと戦略を提案する。

(筑摩書房 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  8. 8

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  9. 9

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る

人気キーワード