「農業男子とマドモアゼルイチゴと恋の実らせ方」甘沢林檎著

公開日: 更新日:

 1985年に542万人いた農業就業人口は、30年間で6割減り200万人割れ目前で、そのうち65歳以上が64%を占める(2015年調べ)。こうした高齢化と後継者不足に歯止めをかけるため、近年盛んになっているのが「農業婚活」だ。農業体験を通して、農家の男性と農家に嫁ぎたい女性とのマッチングを目的とした婚活イベントで、本書もそうした婚活ツアーが物語の発端となっている。

【あらすじ】30歳を目前にした早瀬恵里菜は、結婚するはずの彼氏から突然、別れを告げられる。おまけに、派遣社員として働いていた会社から契約解除を申し渡される。途方に暮れている目に飛び込んできたのが婚活サイトの広告だ。都会に住んでいる女性で田舎暮らしに憧れている人が対象。行く先は長野県の長依田町で、地元の特産品も振る舞われるという。

 どうせ暇だし、旅行がてらにと申し込んでみた。見合い自体は期待していなかったが、こんな田舎にと驚くほどのイケメンがいた。名前は吉川優真、26歳、大卒で農業経営とある。舞い上がった恵里菜は「農業っていいですよね。スローライフって感じで」というと、男から「農業舐めてんの?」と怒られてしまう。この言葉が突き刺さった恵里菜は、見返してやろうと長依田町へ移住して農業をやることを決意。とはいえ、農業はずぶの素人。誰かに教えてもらわなければならない。町役場で紹介された農業指導者はなんと優真だった……。

【読みどころ】恵里菜と優真の恋の行方に絡めながら、農業を始めるのに最低限何が必要で、どのような作物を選べばいいのか、畝作り、播種といった農作業の具体的な過程も懇切に描かれ、農業の大変さと楽しさが同時に伝わってくる。<石>

(KADOKAWA 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る

人気キーワード