「農業男子とマドモアゼルイチゴと恋の実らせ方」甘沢林檎著

公開日: 更新日:

 1985年に542万人いた農業就業人口は、30年間で6割減り200万人割れ目前で、そのうち65歳以上が64%を占める(2015年調べ)。こうした高齢化と後継者不足に歯止めをかけるため、近年盛んになっているのが「農業婚活」だ。農業体験を通して、農家の男性と農家に嫁ぎたい女性とのマッチングを目的とした婚活イベントで、本書もそうした婚活ツアーが物語の発端となっている。

【あらすじ】30歳を目前にした早瀬恵里菜は、結婚するはずの彼氏から突然、別れを告げられる。おまけに、派遣社員として働いていた会社から契約解除を申し渡される。途方に暮れている目に飛び込んできたのが婚活サイトの広告だ。都会に住んでいる女性で田舎暮らしに憧れている人が対象。行く先は長野県の長依田町で、地元の特産品も振る舞われるという。

 どうせ暇だし、旅行がてらにと申し込んでみた。見合い自体は期待していなかったが、こんな田舎にと驚くほどのイケメンがいた。名前は吉川優真、26歳、大卒で農業経営とある。舞い上がった恵里菜は「農業っていいですよね。スローライフって感じで」というと、男から「農業舐めてんの?」と怒られてしまう。この言葉が突き刺さった恵里菜は、見返してやろうと長依田町へ移住して農業をやることを決意。とはいえ、農業はずぶの素人。誰かに教えてもらわなければならない。町役場で紹介された農業指導者はなんと優真だった……。

【読みどころ】恵里菜と優真の恋の行方に絡めながら、農業を始めるのに最低限何が必要で、どのような作物を選べばいいのか、畝作り、播種といった農作業の具体的な過程も懇切に描かれ、農業の大変さと楽しさが同時に伝わってくる。<石>

(KADOKAWA 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る