「新・佐高信の政経外科 幹事長二階俊博の暗闘」佐高信著

公開日: 更新日:

 二階俊博は1998年、小沢一郎が率いる自由党の幹部として参院選を戦い、520万票を獲得した。そのとき、自民党の政策に不満をもったレベルの高い知識層が評価してくれたと語った。

 だが、20年後、「大変な決意をして」離党した自民党に戻り、幹事長となった。小泉純一郎が自民党総裁だったとき、党内の反対者を除名し、総務局長としていわゆる「刺客選挙」を行って大勝した。結局、二階は、刺客選挙や郵政民営化に賛成かどうかを明確にせず、与えられた命題を仕上げることに集中するだけの根回し屋にすぎない。理念や理想を語らない政治家など百害あって一利なし、と佐高は断言する。自民党を陰で操る政治家の正体を喝破した一冊だ。

(河出書房新社 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  8. 8

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  9. 9

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る

人気キーワード