「新・佐高信の政経外科 幹事長二階俊博の暗闘」佐高信著

公開日: 更新日:

 二階俊博は1998年、小沢一郎が率いる自由党の幹部として参院選を戦い、520万票を獲得した。そのとき、自民党の政策に不満をもったレベルの高い知識層が評価してくれたと語った。

 だが、20年後、「大変な決意をして」離党した自民党に戻り、幹事長となった。小泉純一郎が自民党総裁だったとき、党内の反対者を除名し、総務局長としていわゆる「刺客選挙」を行って大勝した。結局、二階は、刺客選挙や郵政民営化に賛成かどうかを明確にせず、与えられた命題を仕上げることに集中するだけの根回し屋にすぎない。理念や理想を語らない政治家など百害あって一利なし、と佐高は断言する。自民党を陰で操る政治家の正体を喝破した一冊だ。

(河出書房新社 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  8. 8

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  9. 9

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る