「アフターコロナ」日経クロステック編

公開日: 更新日:

職住融合

 あっという間に急拡大した新型コロナウイルス感染症。本書は先行き不透明な中、スピードと機動力を発揮するムック形式で、ウィズコロナ時代がどんな時代になるのかをルポし、なにが「新常態」(ニューノーマル)になるかを計30人の論客に予測させた企画取材特集だ。

 キーワードのひとつが「非対面経済」。単に通販や出前が伸びるだけでなく、在宅勤務などの「職住融合」は明確な選択肢となる。対面接客はロボットにまかせ、日常生活の孤独の解消にはAIを活用。東京一極集中を転換し、分散型の都市づくりも求められるだろう。ウィズコロナ対策のため新型のスーパーコンピューター「富岳」は1年前倒しで稼働となった。SFアニメの秘密兵器と同じことが理化学研究所を舞台に行われているのだ。

 感染の広がりから治療薬開発まで、ウィズコロナ時代のサイエンスはこれまでの方法や時間軸そのものを変える可能性を秘めている。

(日経BP 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る