「コロナが加速する格差消費」三浦展著

公開日: 更新日:

格差加速

 著者は80年代から消費の最前線を見てきたマーケッター。「下流社会」など数々の流行語も編み出した。しかし今回のコロナ禍は自分にも「大打撃」という。若者たちのシェアハウスなど人のつながりによる「第4の消費」を唱える著者にとって「社会的距離」は真逆の試練だ。

 モノを買うより体験などのコトを買うという「コト消費」。カリスマ店員や下町のガンコ親父など、特定の場と人物の組み合わせが人気を呼ぶ「ヒト消費」。これらもコロナで大減速せざるを得ない。小さな下町の居酒屋などで閉店が相次いでいるのはその表れだ。

 ベテランマーケッターらしく本書は細部が面白い。「昭和」を求めて大宮まで足を延ばし、カップ麺や緑茶の消費と世代や「上流志向」の変数を掛け合わせた分析など、彼に続くマーケッターよりずっと読み応えがある。それだけにコロナの打撃に戸惑う本書の筆致は、事態の深刻さの表れだろう。格差が加速する一方、社会全体が下流化する。そんな暗い未来が行間から見えるようだ。

(朝日新聞出版 810円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  5. 5

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る