「未来へ 原爆の図丸木美術館学芸員作業日誌」岡村幸宣著

公開日: 更新日:

 2011年3月11日、足元が大きく揺れたので、原爆の図丸木美術館の学芸員である著者は企画展のベン・シャーンの作品の無事を確認する。ビキニ環礁の水爆実験を契機に丸木位里と俊は「原爆の図」を描き、ベン・シャーンはラルフ・ラップのルポルタージュ「福竜丸」の挿絵を描いた。

 目黒区美術館は、太平洋の両岸から脅威を見つめようとした両者の視線を交錯させようという企画展を計画した。だが、その作品搬入直前に連絡が入る。目黒区芸術文化振興財団で緊急会議が開かれ、イメージ的に地震の大惨事などと重なるという反対意見が出て、中止が決定したというのだ。

「原爆の図」を巡るさまざまな出来事をつづった学芸員の日誌。

(新宿書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

もっと見る