「一人称単数」村上春樹著

公開日: 更新日:

 その日、私は一人きりで家にいた。妻は留守で、何をするともなく部屋をうろうろとしているうちに、たまにはスーツを着てみようという気持ちになった。私はときどき、めったに着ないスーツに罪悪感を覚え着てみることがある。ところが、その日、鏡に映った自分の姿に感じたのは、違和感のようなものだった。

 しかし、誰にだってそういう日もあるのだと自分に言い聞かせて、バーに入ってみた。ウォッカ・ギムレットをすすりながら、ミステリー小説を読んでいると、50歳前後の女性が声をかけてきた。彼女は言う。「そんなことして愉しい?」「そういうのが素敵だと思ってるわけ?」。いくつかの挑発のあと、彼女はこう言った。

「3年前の水辺。あなたはどんなひどいことをしたか」

 身に覚えのない糾弾だったが、私は私に恐れを感じた――。(表題作)

 僕、私など一人称単数が話者となる8編の短編小説。短歌をつくる女性とのセックス、温泉場で働く猿の告白など、主人公の過去や経験談がつづられる。奇妙な出来事によって日常が一転、非日常へと転換していくさまに、ひやっとする。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄