「今ひとたびの高見順」山田邦紀著

公開日: 更新日:

 戦争へと突き進んだ昭和の時代に、作家として生きた高見順。満州事変、二・二六事件、太平洋戦争など、彼の人生を揺さぶった出来事とその時代に描かれた作品を追うと、戦前・戦中の日本の社会が見えてくる。特定秘密保護法が施行され、きな臭さが立ち込めている今こそ、高見順を振り返る必要があるのではないか。

 本書は、そうした問題意識をもとに、昭和の証言者としての高見順の生涯と作品をたどったものだ。

 例えばプロレタリア文学に邁進(まいしん)していた時期、治安維持法違反により検挙され拷問の末に転向を余儀なくされた経緯や、思想犯保護観察法によって終戦まで公権力の監視下にあった状況などが描かれている。また、サンデー毎日の編集長が陸軍に出頭を命じられ、以来、表紙絵や写真が急速に「時局に合ったもの」に変化したことなども紹介。多くの人々がまさに高見順の代表作「いやな感じ」さながらに、自由意思をねじ曲げられ、戦争協力に傾いていった様子が克明にわかる。

 彼の作品から立ち上る昭和戦前戦中のファシズムの空気と、今の日本の雰囲気の相似ぶりに驚愕(きょうがく)させられる。

(現代書館 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

人気キーワード