「今ひとたびの高見順」山田邦紀著

公開日: 更新日:

 戦争へと突き進んだ昭和の時代に、作家として生きた高見順。満州事変、二・二六事件、太平洋戦争など、彼の人生を揺さぶった出来事とその時代に描かれた作品を追うと、戦前・戦中の日本の社会が見えてくる。特定秘密保護法が施行され、きな臭さが立ち込めている今こそ、高見順を振り返る必要があるのではないか。

 本書は、そうした問題意識をもとに、昭和の証言者としての高見順の生涯と作品をたどったものだ。

 例えばプロレタリア文学に邁進(まいしん)していた時期、治安維持法違反により検挙され拷問の末に転向を余儀なくされた経緯や、思想犯保護観察法によって終戦まで公権力の監視下にあった状況などが描かれている。また、サンデー毎日の編集長が陸軍に出頭を命じられ、以来、表紙絵や写真が急速に「時局に合ったもの」に変化したことなども紹介。多くの人々がまさに高見順の代表作「いやな感じ」さながらに、自由意思をねじ曲げられ、戦争協力に傾いていった様子が克明にわかる。

 彼の作品から立ち上る昭和戦前戦中のファシズムの空気と、今の日本の雰囲気の相似ぶりに驚愕(きょうがく)させられる。

(現代書館 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声