「虜囚の犬」櫛木理宇著

公開日: 更新日:

 ある事件がきっかけでうつ病になり3年間隠遁(いんとん)生活を送っていた元家裁調査官の白石洛の元に、高校時代からの友人で茨城県警捜査1課の巡査部長・和井田瑛一郎が訪ねてきた。白石が7年前に担当した少年、薩摩治郎がビジネスホテルで刃物で刺されて殺されたというのだ。彼は被害者であっただけでなく、自宅には裸のまま首輪でつながれた痩せ細った女性が監禁されており、庭からは2体の死体が発見された。

 7年の歳月が流れたとはいえ、薩摩は白石が調査官として担当した2カ月後には高校を中退し、その後引きこもり生活を送っていたこともあり、最後に深く関わったのは白石だというのだ。一体、薩摩治郎とはどんな人物だったのか。白石は、薩摩治郎が、「僕は犬だ」と言いながら壁に頭を打ち付けていたことを思い出すのだが……。

ホーンテッド・キャンパス」で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞した著者による最新作。心のバランスを崩した経験を持つ主人公が、自らのトラウマと闘いつつも真相に近づいていく。暴力や支配の連鎖のおぞましさを、容赦なくリアルに描いている。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

人気キーワード