「虜囚の犬」櫛木理宇著

公開日: 更新日:

 ある事件がきっかけでうつ病になり3年間隠遁(いんとん)生活を送っていた元家裁調査官の白石洛の元に、高校時代からの友人で茨城県警捜査1課の巡査部長・和井田瑛一郎が訪ねてきた。白石が7年前に担当した少年、薩摩治郎がビジネスホテルで刃物で刺されて殺されたというのだ。彼は被害者であっただけでなく、自宅には裸のまま首輪でつながれた痩せ細った女性が監禁されており、庭からは2体の死体が発見された。

 7年の歳月が流れたとはいえ、薩摩は白石が調査官として担当した2カ月後には高校を中退し、その後引きこもり生活を送っていたこともあり、最後に深く関わったのは白石だというのだ。一体、薩摩治郎とはどんな人物だったのか。白石は、薩摩治郎が、「僕は犬だ」と言いながら壁に頭を打ち付けていたことを思い出すのだが……。

ホーンテッド・キャンパス」で第19回日本ホラー小説大賞・読者賞を受賞した著者による最新作。心のバランスを崩した経験を持つ主人公が、自らのトラウマと闘いつつも真相に近づいていく。暴力や支配の連鎖のおぞましさを、容赦なくリアルに描いている。

(KADOKAWA 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声