「ワイルドサイドをほっつき歩け」ブレイディみかこ著

公開日: 更新日:

 ロンドン名物のタクシー、ブラックキャブが、米国の配車サービス、ウーバーの英国進出を契機に、「邪悪なナショナリズムと排外主義」の象徴と見なされている。ウーバーに登録すれば一般人がマイカーでタクシー業務ができ、料金も2~3割安い。

 ブラックキャブのドライバーは「世界で最も難しい」試験をパスし、ロンドン市内の通りや名所を知悉した人たちだが、ウーバーのドライバーはスマホのアプリでその情報を一瞬で手に入れる。ブラックキャブの運転手の67%は白人の英国人だが、ウーバーでは6%。「グローバル経済のゆがみによって生ずる英国人と移民の対立の構図」になっている。

 英国の「いま」を伝えるエッセー集。

(筑摩書房 1350円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る

人気キーワード