壱番屋 宗次徳二 売り上げ不振の店は掃除で蘇る

公開日: 更新日:

 全国チェーン「CoCo壱番屋」(ココイチ)を創業した宗次徳二氏の人生は波瀾万丈だ。「日本一の変人経営者」(ダイヤモンド社)に、こうある。

「私は終戦直後でまだ社会が混乱していたころ、昭和23(1948)年10月14日に石川県で生まれた。ただ、石川県のどんな家庭で、どんな両親のもとに生まれたのか、きょうだいや親戚はどうしているか、60歳の現在に至るまでまったく情報や消息を聞いたことがない。天涯孤独の生い立ちなのである」

 児童養護施設にいた3歳のとき、宗次夫妻の養子となった。養父が競輪にのめり込み、財産を失う。中学時代からアルバイトに精を出し、家計を支えた。

 1974年、「ココイチ」の前身となる喫茶店「バッカス」を開業。全国1177店(2009年9月末時点)まで拡大させた。

 本では、「売り上げ不振の店は掃除で蘇る」と指摘した。

「掃除を続けることは本来、自分との戦いであり、誰かが見ているかいないかの問題ではない」

「『掃除を一生懸命やるような店なら安心だ。そんな店を利用したい』と店への信頼が厚くなる」

 そして、「店は掃除で蘇る」と宣言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード