ダイエー 中内功「革の靴に雨水を含ませ、かみしめた」

公開日: 更新日:

 ダイエーを創業した中内功氏は生涯に2度しか自身の名前で本を出版していない。

 1969年に出した「わが安売り哲学」はベストセラーとなり、世間の話題をさらった。そんな時期に、「財界のご意見番」として知られる経営評論家の三鬼陽之助氏と会食をした。東京・新宿の小料理屋の2階だった。

 三鬼氏はウイスキーを飲みながら、いきなり怒鳴った。

「バカヤロー、経営者になるのか、物書きになるのか、どっちだ」

「経営者が本を書くと自分の手足を縛る。書いた内容にこだわれば経営判断にも曇りがでる」

 三鬼氏の怒りに、ベストセラーを絶版とした。以後、日本経済新聞に「私の履歴書」を掲載(2000年)するまで、著作はない。その連載を中心にまとめた「流通革命は終わらない」(日経BPM)。内容は壮絶だ。

 戦争中、激戦地フィリピンに出兵し、「靴の革に雨水を含ませ、かみしめたこともあった」。

 1995年の阪神・淡路大震災のときには、3日後に被災地へ入った。真っ暗だった町に衝撃を受け、「とにかく店に明かりをともせ」と指示した。ダイエーの被害総額は400億円。上場以来初の最終赤字に転落した。あとがきで中内氏はこう書いている。

「『こんな世の中に誰がした』『親が悪い』『先生が悪い』『社会が悪い』『だから俺の人生は真っ暗だ』。こんな言い訳をしても仕方がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る

人気キーワード