「エクソダス」村山祐介著

公開日: 更新日:

 朝日新聞発行の「GLOBE」紙記者だった著者は、特集「壁」の取材のため、メキシコとの国境の町、アメリカのサンディエゴに向かった。

 メキシコのティフアナとひとつの経済圏のように発達してきたこの地域を、アメリカ人は自由に行き来できる。だが、治安の悪い中米から逃れてきた移民は、トランプが国境に作った壁を越えられない。

 高さ3メートルの第1フェンスのアメリカ側にさらに5メートルの第2フェンスがあり、元米軍兵士らの武装自警団が警備している。その目をかいくぐってアメリカに密入国する移民は後を絶たず、国境線周辺では毎年300体もの遺体が発見される。

 妊婦や子どもらが命がけで越えようとする国境の実態をリポート。

(新潮社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード