「民主主義とは何か?」宇野重規著/講談社現代新書

公開日: 更新日:

 宇野重規氏(東京大学大学院教授)は、日本学術会議の会員に推薦されていたにもかかわらず、菅義偉首相によって任命を拒否された6人に含まれていたために脚光を浴びた学者だ。政府の政策に批判的見解を表明したこともあるが、論壇では保守系と見られていただけに今回の任命拒否には違和感を覚える人が少なからずいる。

 宇野氏は、独裁と民主主義を比較してこう述べる。
<短期的にみれば、独裁的手法が効果をもつことは十分にありえます。しかしながら、政治システム全体が長期的に発展するためには、民主主義の方がはるかに有効です。/その理由の第一は、民主主義が政治参加の機会拡大により人々の当事者意識を高め、そのエネルギーを引き出すということです。独裁体制の下では、人々は受動的になり、すべてを権力者に依存することになります。そのような仕組みが長期的に持続可能とは思われません>

 コロナ禍では、迅速な意思決定が求められる。その結果、行政府が司法府、立法府に対して優位に立つ。行政官は、緊急事態において国会や裁判所で国家の意思決定について討議に時間を費やすことが国民の利益にならないと考えている。行政府の優位が更に強まると独裁に傾く。一見、効率的に見える独裁であっても国民の主体的なエネルギーを引き出すことが出来ないので、中長期的に国家を弱体化させることになる。

 同時に重要なのは、独裁においては多様性が失われることだ。
<第二に、民主主義は多様性を許容する政治システムです。その前提にあるのは、政治や社会の問題についてつねに唯一の答えがあるわけではなく、多様なアイディアに基づく試行錯誤が不可欠であるという考えです。民主主義はしばしば誤った決定を下しますが、それを自己修正し、状況を立て直す能力をもつのも民主主義です>

 独裁は、正しい思想や政策が国民を拘束することになる。そのような社会は、多元性と寛容を欠くので、人々は権力との摩擦を避け、思っていても言いたいことを言わなくなる。そのうち考えること自体が面倒になり、すべてを政府に委ねるようになる。日本がこうなってほしくない。

 ★★★(選者・佐藤優)

 (2020年11月20日脱稿)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    非情の巨人…高卒2年目・直江と山下に「育成」の生き地獄

もっと見る

人気キーワード