「ヨーコ・オノ・レノン全史」和久井光司著

公開日: 更新日:

 1980年12月8日。ジョン・レノンは、自宅のあるニューヨークのダコタ・ハウスの正面エントランスで、狂信的なファンに撃たれて死亡した。ジョンが生きていれば今年80歳。夫の死を目の当たりにした妻ヨーコは、今87歳になっている。

 大方の日本人は、ヨーコを「元ビートルズのジョン・レノンの妻」として知っている。さもなければ、過激な前衛芸術家、奇声を発するシンガー、ウーマンリブの活動家をイメージするかもしれない。つかみにくいヨーコの全体像を、当時の社会と音楽シーンを背景にまとめ上げた労作。

 ミュージシャンでビートルズ研究の第一人者でもある著者は、中学生だった1970年代初めにアーティスト、ヨーコ・オノのすごさに目覚めた。以来、今日まで彼女の活動を追い続けている。

 東京生まれのヨーコとリバプール生まれのジョンは、ロンドンのギャラリーで出会い、双方のパートナーと別れて結婚。2人で過激な音楽活動を展開する。時は1960年代終わりの激動の時代。ビートルズのひとりとしてすでに音楽界の頂上を極めてしまったジョンにとって、戦闘モードのアーティスト、ヨーコは人生を懸けるに足る刺激的な存在だった。

 ポップカルチャーのリーダーの座を降り、5年間の主夫生活を送る間にジョンは変わっていく。

 1980年、復帰に動き出したジョンは、ヨーコとのデュオアルバム「ダブル・ファンタジー」をリリース。ところが、この年の終わりに、突然の別れが訪れた。世界中がジョンを悼んだ。

 その後のヨーコは「悲劇の妻」では終わらなかった。亡きジョンと対話するように詩を書き、曲をつくり、つらい体験を歌に変えた。愛と信頼と平和を世界に訴え続けた。全編からヨーコ・オノに対する著者のリスペクトが伝わってくる。

 ジョンとヨーコのアルバム名、ジャケット写真、曲名、発表時期、バンドメンバー名なども克明に書かれていて、資料価値も高い。

(河出書房新社 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

人気キーワード