「日本殺人巡礼」八木澤高明著

公開日: 更新日:

 世間を震撼(しんかん)させた過去の凶悪殺人事件の現場を訪ね歩くルポルタージュ。

 2013年、著者は山口県周南市の山奥の郷集落で一軒の家の前に立つ。2カ月前まで集落には8世帯14人が住んでいた。家は、そのうち5人を殺した保見光成の自宅だった。

 中学卒業後に集落を出た保見は、20年以上を経て親の介護のために帰郷。両親の死後、次第に住人との軋轢(あつれき)が深まり、村八分の状態だった。被害者の遺族から保見の父親の出自を聞いた著者は、彼が山の民サンカだった可能性を推測する。そして同じ中国地方で起き、八つ墓村のモデルになった約80年前の「津山事件」との共通性を感じる。

 そのほか、女子高生コンクリート詰め殺人事件や酒鬼薔薇聖斗事件などの現場に赴き、犯人の心の深い闇に迫る。

(集英社 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    小池都知事が都ファ“子分”の千代田区長選に出しゃばる理由

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る

人気キーワード