「内澤旬子の 島へんろの記」内澤旬子著

公開日: 更新日:

 小豆島に移住して3年後、著者はお遍路回りをしてみようと思い立つ。友人にお遍路回りについて尋ねられたのがきっかけだった。ちょうど「女子へんろ」の会があったので参加することに。

「おへんろ道案内図」には徒歩用の道と自動車用の道が記されていて、徒歩用の道は住宅と畑が並ぶ集落の中を通っている。遍路中は電源を切ってデジタルデトックスするといいと言われた。そこで、電源は入れるが道に迷った時だけ位置情報サービスをオンにすることにした。目的の場所を行き過ぎたりしながらやっと六十三番の蓮華庵に到着したが、何をするんだっけ? まず鐘をついて、金剛杖を置いて……。

 2年がかりの迷走遍路旅の記録。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る

人気キーワード