「人生脚本」伴一彦著

公開日: 更新日:

 目黒銀座商店街にあるレストラン「ラパン」で働く根岸早紀は8歳の息子、健太を交通事故で亡くした。夫の信夫はそのとき出張で福岡にいて、部下の星野という女性と一緒だった。病院に駆けつけてくれたのは、大学時代の同級生で、シェークスピアのゼミで一緒だった篠山だった。

 ある日、篠山が「ラパン」に来たとき、他の客が長野で列車事故があったことを教えてくれた。長野に行っている信夫を気遣う早紀に、長野県警から連絡が来る。夫のジャケットを着た損傷のひどい遺体を、篠山が確認してくれた。だが、あの遺体は自分の夫だと主張する女が現れる。彼らの人生の脚本を書いているのは誰なのか。

 死者の謎をめぐるサスペンス。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    静岡放送社長の勘違い…女子アナとのW不倫疑惑で開き直り

もっと見る

人気キーワード