「海馬の尻尾」荻原浩著

公開日: 更新日:

 頼也は、相手を痛めつけることに快感さえ抱く武闘派ヤクザ。そんな手下の暴走を危惧した若頭は、頼也にアルコール依存症の名目で大学病院での検査を命じる。頼也は、すごんでみせてもひるむことなく淡々と診察を進める医師の桐嶋に苛立つが、組長の顔を潰すわけにもいかず、通院をするしかない。

 検査の結果、頼也は反社会性パーソナリティー障害と診断される。桐嶋によると、頼也の脳には良心と呼ばれる感情が存在しないというのだ。ヤクザに良心などないほうが好都合だと強がる頼也だが、ある日、体に異変を感じる。

 そんな中、頼也を怖がろうともせず待合室で話しかけてくる少女がいた。そのウィリアムズ症候群の7歳の梨帆も桐嶋の患者だった。

 人間の脳の謎を描く医学サスペンス巨編。

(光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード