「『日本の伝統』の正体」藤井青銅著

公開日: 更新日:

「伝統」に弱い日本人は、その売り言葉をありがたく思い、すぐに信用してしまう。しかし、世の中には、比較的新しい時代に「発明」された「伝統」が、さも大昔から存在するかのように振る舞っている例が多々あるという。そんな「日本の伝統」の意外な起源や由来を解説した面白読み物。

 意外にも、「初詣」も江戸時代にはなかったそうだ。明治になり鉄道会社による宣伝と営業努力によって、それまでの「年籠り」(二年参り)、「初縁日」「恵方詣り」などがミックスして生まれ、定着したもので、約130年ほどしか経っていないのだとか。

 ほかにも、百貨店が広めた中元・お歳暮・七五三や、キリスト教式よりも後に始まった神前結婚式、喪服の色など。暮らしの隅々に浸透した伝統の真実が明らかに。

(新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード