「日本の戦争映画」春日太一著

公開日: 更新日:

 戦犯裁判の理不尽さを描いたのが、フランキー堺主演の映画「私は貝になりたい」(1959年、橋本忍監督)だ。妻と子と暮らしていた人のいい床屋の豊松は、召集されて戦地に赴く。上官の命令で捕虜を殺したが、終戦後、国際法違反で戦犯裁判にかけられる。「上官の命令は天皇陛下の命令だから逆らえるはずがない」と訴えてもGHQには通じない。「逆らわなかった段階で意思があったんだろう」とみなされ、絞首刑となる。豊松は「生まれ変わるなら、私は貝になりたい」という言葉を残して死ぬ。

 戦後、初めて戦地を舞台にした谷口千吉監督の「暁の脱走」(1950年)や、精神性や文化風土の違いを超えて、日本人軍曹とイギリス人通訳が人間として向き合う姿を描いた大島渚の「戦場のメリークリスマス」(1983年)など、日本の戦争映画の変遷を追う。

 (文藝春秋 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード