「運命は踊る」

公開日: 更新日:

 あいにく本欄で紹介できなかったが、この夏、「ガザの美容室」というパレスチナの映画が公開された。パレスチナのガザ地区にある小さな美容室にやってきた女たちの、ほとんど会話から成る(しかし監督は双子の男兄弟の)傑作な映画である。それに対する、まるで返歌のようなイスラエル映画が来週末公開される。サミュエル・マオズ監督「運命は踊る」である。

 前作「レバノン」はイスラエル軍のレバノン侵攻を材にした戦争映画らしからざる戦争映画だったが、本作も戦争を背景にしながら戦闘ではなく、戦争と人間と人生の衝突を描く。息子の戦死公報を受け取った両親と、前線の検問所で間延びした日々を送る息子。父親役は来月末公開予定の「嘘はフィクサーのはじまり」でイスラエルの首相を演じたリオル・アシュケナージ。母親役はゴダールの「アワーミュージック」が記憶に残るサラ・アドラー。

 どちらも達者な中年俳優だが、注目したいのは映画の「画づくり」。かなり強引で奇矯な展開を不思議な作画術で引きこんでゆく。その感じが最近日本でも注目されるグラフィック・ノベルを連想させるのだ。

 グラフィック・ノベルは日本の漫画とアメコミを融合させたような“洋風劇画”。コマの画法はイラストやデッサンに近く、SFやミステリーなどいわゆる「サブジャンル文学」の趣がある。そういえばイスラエル映画にはレバノン侵攻作戦をアニメにした「戦場でワルツを」があるが、あれがまさに“動くグラフィック・ノベル”。本作でも息子はグラフィック・ノベル作家をめざしているらしい設定なのだ。

 そんなわけで今回はその世界で知られたアラン・ムーア原作の「ウォッチメン」(小学館集英社プロダクション 3400円+税)を紹介したい。本当は同じ原作者の「フロム・ヘル」がいいのだが、版元品切れなのが残念。

<生井英考>


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る