「ごめんなさい、ずっと嘘をついてきました。」加藤就一著

公開日: 更新日:

 東日本大震災から10年の今年、多くの人が新型コロナに気を取られているさなかに、日本政府は東京電力福島第1原発から排出されている汚染水を福島沖の太平洋へ放出すると発表した。コントロール下にあると日本の総理大臣が言い切ってしまった原発の真実の姿はどこにあるのか。本書は、「私=原子力発電所」がついてきた数々の嘘を告白し、懺悔(ざんげ)の形で書かれた告発の書だ。著者は原発ドキュメンタリー番組制作者で、14項目にわたる嘘の詳細をデータや取材をもとに赤裸々に語っている。

 たとえば、原発は運転していなくても海にも空にも放射性物質を放出していることや、核廃棄物入りのドラム缶を千葉沖に海洋投棄していたこと、六ケ所村の再処理工場では原発以上の核の廃液を沖合に流してしまったことなど、唖然とする事実を紹介。

 なお、多核種除去装置ALPSでも取り除くことができないトリチウムを含んだ福島の汚染水は、いくら薄めても廃棄する放射性物質の総量は同じであることに言及し、100年間大型タンクに保管した後に廃棄することで悪影響が減らせると提案している。

 原発を巡る嘘と隠蔽のあまりの多さに身の毛がよだつ。

(書肆侃侃房 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード