「迷走生活の方法」福岡伸一著

公開日: 更新日:

動的平衡」の著書でお馴染みの著者が、目に見えないウイルスに翻弄される今の時代におすすめの生活方法として、「迷走生活」なるキーワードを提唱したエッセー集。

 迷走生活とは、さまざまな出来事に右往左往する生活ではなく、迷走神経を活性化させる生活の意味。アグレッシブに行動したり闘ったりするより、心身をリラックスさせるべく迷走神経に代表される副交感神経系を優位にすると、免疫力が上がり、ウイルスの悪影響も遠のくらしい。

 さらに、ウイルスと人間とはもともと共存状態にあるため、持久戦に持ち込んでおとなしくなるように手なずけるしかないことも解説。加えて上空の気温や気圧、風向きなどのデータを飛行機が収集しているため、コロナ禍で飛行機が減便されたことに伴い、データを集めにくくなり、天気予報が外れやすくなったことも紹介されている。

 ほかにも狭心症の薬が勃起不全を治した仕組みから、災害にも耐えうる生命的な建築物が立つ都市の在り方や、沖縄からブラジルまで38分で移動できる地球トンネルまで、好奇心をくすぐる話題を科学者ならではの視点で語り尽くしている。

(文藝春秋 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード