「俺と師匠とブルーボーイとストリッパー」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 舞台は昭和50年の釧路。章介が住み込みでアルバイトを続ける場末のキャバレー・パラダイスに、師走のある日、3人の演者がやってきた。マジシャンのチャーリー片西、ド迫力な女装のシャンソン歌手、ソコ・シャネル、自称28歳のストリッパー、フラワーひとみ。そして、その夜から章介はパラダイスのおんぼろ寮で、ワケありの彼らと共同生活をすることに――。

 16歳で家を出て以来、頼る相手を持たず、また会話のなかった章介の生活に入り込んできたやかましく個性的な3人。戸惑いつつも、「お帰り」「おはよう」の挨拶や言い合いのようなおしゃべり、分け合って食べる食事に、章介の日々は温かいものになっていく。舞台でも彼らの軽妙な会話は健在で、師匠の失敗ばかりのマジックさえも大盛況。しかし、ある事件によって共同生活は突然終わりを迎えることに――。

ホテルローヤル」や「家族じまい」など家族を題材にした作品も多い著者の最新作。今作は、極寒の地で出会った4人がやがて「疑似家族」のような関係を紡ぎ出し、別れるまでの1カ月が描かれる。

 どん底生活ながら笑って生きていく登場人物に見え隠れする、人間が持つ弱さや優しさが胸に迫る。

 著者には珍しいラストシーンも読みどころ。

(KADOKAWA 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る

人気キーワード