「ハーバード大学のボブ・ディラン講義」リチャード・F・トーマス著 萩原健太監修 森本美樹訳

公開日: 更新日:

 2001年9月11日に発売されたアルバム「ラヴ・アンド・セフト」の中に「ロンサム・デイ・ブルース」という曲がある。その一節、「俺は負かした奴らを救う、おい、はっきり言っておく(中略)」という歌詞の言い回しや韻の踏み方の元にあるのは、古代ローマの詩人ウェルギリウスの思いや言葉であり、それをディラン流に言い換えているという。

 事実、ウェルギリウスの作品「アエネーイス」では、「ローマ人よ すべてはな汝の手にかかっているのを忘れるな」とつづられている。また、ローマ時代の叙情詩人・カトゥルスの詩とディランのそれには「失われた愛」という共通のテーマが見え、聴き手に解釈をゆだねる「風に吹かれて」は、ローマの詩の芸術性を踏襲しているという。

 本書はハーバード大学の古典文学の教授であり、ディランマニアである著者が2004年から16年に開催したボブ・ディラン講義の記録。ディランの歌詞を取り上げながら作品と時代との関係性、彼の才能が長きにわたり古代ギリシャとローマからどのようにヒントを得てきたのかを紹介する。

 16年度のノーベル文学賞を受賞したディランの豊かな詩情に改めて気づかされる一冊。

(YAMAHA 2700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  8. 8

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

もっと見る

人気キーワード