「宇宙考古学の冒険」サラ・パーカック著 熊谷玲美訳

公開日: 更新日:

 人知れず地下に眠っている遺跡を発見・発掘する考古学の世界は、この数十年で格段の進化を遂げている。特にホットなのが、人工衛星から送られてくる画像データを分析して遺跡の発掘につなげる「宇宙考古学」の分野だ。本書は、宇宙考古学の第一人者で、2016年に衛星画像から遺跡を探すクラウドソーシングのプラットフォーム「グローバルエクスプローラー」を作り上げた考古学者による、宇宙考古学紹介の書。高解像度の映像が安価に手に入るようになったおかげで、遺跡の発見の形は大きく変わった。

 本書の中でも特に興味深いのが、一般庶民でも宇宙考古学の発見に参加できるクラウドソーシングの仕組みを解説している第12章。学生やテクノロジーに詳しい人はもちろんのこと、家から出ることが難しいけれど時間と好奇心はたっぷりある高齢者も考古学の発見に貢献することができると著者はいう。

 人間が築いた文明の栄枯盛衰がどのように起こり、どのように新たな歴史が上書きされていくのか。地層を一枚一枚めくるようにして現れた破滅した世界から、私たちが学べることは思いのほか多そうだ。

(光文社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る

人気キーワード