「アメリカン・スパイ」ローレン・ウィルキンソン著 田畑あや子訳

公開日: 更新日:

 時は1992年。主人公の元FBI捜査官マリー・ミッチェルと2人の息子が暮らす自宅に男が侵入。格闘の末、男を射殺するシーンで物語の幕はあける。

 黒人女性のマリーは1980年代にFBIニューヨーク支局に所属。しかし、その属性から活躍の場を与えられず将来に希望を失っていた。そんなある日、マリーはCIAから潜入捜査を依頼される。ブルキナファソの大統領に近づき、CIAが彼の政敵に関与していることに気づいているかどうかを探る任務だ。マリーは事故で亡くなった姉を愛していたというCIA職員との接触を条件に任務を請け負う。

 マリーは難なくブルキナファソの大統領トマ・サンカラへの接近に成功。しかし、任務を続ける中でトマに強く引かれていき――。

 史実をもとに1人の女性の半生を描いた長編スパイ小説。ターゲットとなったトマ・サンカラはアフリカのチェ・ゲバラと呼ばれた実在の人物だ。

 本書は主人公が息子たちに自分の人生を語る手記という形式をとり、マリーの子供時代を過ごした60年代のニューヨークから息子たちの父親についてまで語られる。スパイ小説としての娯楽性を持ちながら、人種やジェンダーにまで踏み込んだ読み応えのある一冊だ。

(早川書房 2530円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る

人気キーワード