「クララとお日さま」カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳

公開日: 更新日:

 主人公は「AF」(人工親友)として店頭販売されていたクララ。クララは旧型だがずばぬけた観察力と学習意欲を持ち、人の心を推論して理解する能力もあった。

 店のショーウインドーから外の世界を観察していたクララはある日、14歳の少女ジョジーと出会い、買い取られることに。一緒に暮らし始めるとジョジーが病弱であること、母親は娘の死を恐れるあまり、奇妙な計画を立てていることが分かってくる。クララは自分の役割はジョジーを助けることだと考え、周囲の人々から悲しみや愛情などさまざまな感情を学び、献身的にジョジーに尽くす。

 しかし、ジョジーの病気は重症化。クララはかつてショーウインドーから見た光景――道で倒れた人がお日さまの光で生き返った―――を思い出し、お日さまに「特別な助け」を願い、思い切った行動に出る。

 2017年のノーベル文学賞受賞後初となる長編小説。クララを語り手に、ジョジーとの出会いから別れまでを時間軸に沿って描いていく。

 善意の塊のようなクララの目に映る、格差社会や一種の優生思想など殺伐とした分断社会、そして心より科学に傾倒する人々の姿が痛ましい。

(早川書房 2750円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード