「災害不調」工藤孝文著

公開日: 更新日:

 今や私たちの日常は、自然災害とともにある。新型コロナウイルスの感染爆発もそのひとつだ。

 自らは被災しなくとも、家族や友人が被災したり、ニュースに接しているうちに不調を感じる人がいる。不安が募り眠れない、何となく憂鬱で気持ちが晴れない、被災地の映像を見ていたら目まいを覚えるようになり外出できなくなったなど。検査を受けても原因が分からず、心療内科でも改善しない。こうした症状を「災害不調」と名付け、解消法を紹介する健康テキスト。

 災害不調の正体は「自律神経失調症」で、脳や臓器に問題がないため検査では見つからない。不調とホルモンの関係、うつ病との違いなど、その仕組みと詳細を解説するとともに、「朝10分歩く」など不調を解消する20の方法を伝授。

(KADOKAWA 946円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る

人気キーワード