「大阪ミナミの貧困女子」村上薫、川澄恵子著

公開日: 更新日:

 行き場を失い、最後のセーフティーネットである夜の「ミナミ」で働く女性たちを取材したルポルタージュ。

 32歳のあやこさんは、看護師を目指して進学した大学をパワハラが原因で中退。親にも見放され、思い詰めていたところ親身に話を聞いてくれたホストの紹介でセクシーキャバクラのホステスに。さらにスカウトされ、本番があると知らずにソープ嬢になってしまう。昨春には客経由でコロナに感染、さらに妊娠中絶まで経験したが、今もソープで働き続ける。

 その他、拾った食べ物で飢えをしのぐほど貧しかった少女時代を経験したさくらさんや、「親がボンクラだったから」と14歳から水商売で働いているという20歳のゆうさんら。たくましく生きるミナミの女性たちの素顔に迫る。

(宝島社 968円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る

人気キーワード