「ルポルタージュ イスラムに生まれて」読売新聞中東特派員著

公開日: 更新日:

 五輪組織委会長森喜朗の女性蔑視発言は、人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治などの自由をうたったオリンピック憲章に反するものとして激しく批判された。しかし本書によると、厳格なイスラム主義を奉じるサウジアラビアでは女性がスポーツすることが禁止されていて、2012年のロンドン五輪に初めて柔道と陸上競技の女性選手が派遣された。

 同じイスラム国のイランでは長い間、女性のスポーツ観戦が規制されるなど、スポーツのジェンダー平等から遠いところに置かれているという。スポーツに限らず、イスラム圏に生きる女性たちはどんな生活をしているのか。

 本書は、現代イスラム女性の実像をテーマ別、世代別に掘り下げたルポルタージュだ。

 男系継承を原則とするイスラムでは男児を産むことが女性の大きな役目であり、男児が生まれないことで夫婦間の亀裂が生じる。女性の性欲を抑える(と信じられている)ために行われる女性器の割礼も問題だ(エジプトでは08年に法律で禁止されたが、15年の調査ではまだ87%の女性が割礼を受けている)。

 性行為は夫婦間のみに認められているため、新婚初夜まで処女のまま育てるという「名誉」を奪われたとして、婚前交渉を知られた女性が自らの親族によって殺害される「名誉殺人」、レイプの加害者が被害者と結婚すれば罪に問われない法律の存在など、知られざるイスラム女性の実態が明らかにされていく。

 しかし、こうした旧来の女性の位置づけに異を唱える女性たちも現れている。家庭外で肌を人目にさらすことを禁じられているため、工夫された体の線が出ない水着を考案して海水浴を楽しむ女性たち、黒一色だった伝統衣装に鮮やかな色彩を取り込んだデザイナー、門戸を閉ざされていた司法の世界に入って女性ならではの視点を法廷に持ち込んだ女性裁判官ら、少しずつだが自由への道を模索する動きが出てきている。

 宗教的厳格さと女性の解放を両立させるのは容易ではないだろうが、彼女らの努力が実を結ぶことを願いたい。 <狸>

(ミネルヴァ書房 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る

人気キーワード