下重暁子(作家)

公開日: 更新日:

5月×日 1月に書下ろしの新書「明日死んでもいいための44のレッスン」(幻冬舎 924円)が出て以来、続けざまに1、2ヵ月に1冊の割合で拙著が本屋に並ぶ。それを見て「忙しいでしょう?」といわれるが、たまたま連載していたものがまとまる時期が重なっていたためで、本人はしごくのんびりとコロナの休みを読書三昧で過ごしている。

 ただ日頃あまり手に取ることのない分野では、「新書大賞2021」1位の「人新世の『資本論』」(集英社 1122円)を読んで、すっかりはまってしまった。斎藤幸平さんという若い社会学者のこの本が、ベストセラーになり多くの人々に今読まれているのは何故か。

 ピケティなどの経済学者が、しばらく前から資本主義の限界に警鐘を鳴らし、マルクスの資本論に救いを見出そうとしているが、斎藤さんも新しい感覚で、マルクスの資本論を解釈する。それがストンと腑に落ちた。地球温暖化、3・11、コロナ…。

 資本主義によって人間の欲望が地球を、自然を蝕んで、ある日重層的に終わりが来る。それを避けるための方法はあるのか。納得がいったのだ。

 この上は、基本になるマルクスの資本論をしっかりと読み返すしかない。夏中に。大月書店で全9冊、読めるかなあ?

6月×日 子どもの頃、結核で2年寝ていたから、一人遊びは馴れたもの、孤独は大切な友達だからこの時期退屈することはない。

 ただ旅に行けないのが困る。人が働いているとき、羽田や成田から飛び立って、下界を見下ろし、「ざまあみろ、浮世のバカは起きて働く」などとうそぶくときの快感! 旅の本をめくっていて好みにぴったりはまったのがヤマザキマリ著「ヤマザキマリの世界逍遥録」(KADOKAWA 1430円)。パルミラ、ペトラなどの遺跡、シシリアやキューバなどの人の暮らし、アマゾンなどの自然! イタリアと日本を股にかけ世界各地を歩く売れっ子漫画家だ。こんな自由で素敵な女性が出てきた。先駆者は兼高かおるの「世界の旅」。日本旅行作家協会で今年第1回の兼高かおる賞受賞者に選んでよかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る

人気キーワード