「食べるぞ! 世界の地元メシ」岡崎大五著

公開日: 更新日:

「名物にうまいものなし」といわれるが、85カ国を旅してきた著者によると「地元メシには、まずいものなし」だという。足で見つけたそんな世界の地元メシを紹介する旅と食の融合エッセー。

 社会主義国のキューバは、事前に宿泊先の予約はできない。探し当てた民宿で夕食に出てきたのは「アロス・コン・フリホーレス・ネグロス」という代表的な家庭料理の煮豆ごはんだった。

 食後に出掛けたバーのメニューで見つけ注文したプリンは、コーラの空き缶を半分に切った容器で作ったものだった。しかし、その味は濃厚で芳醇。特産のサトウキビが使われているからだと納得する。

 他、タイの「アヒルラーメン」やセネガルの「チェブジェン」(魚入り炊き込みご飯)など、247品を食べ尽くす。

(講談社 770円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る

人気キーワード